Top >  プラセンタ注射注入 >  プラセンタ注射使用者の献血制限

スポンサードリンク

プラセンタ注射使用者の献血制限

平成17年2月に国内で変異型クロイツフェルトヤコブ病(vCJD)患者が確認されたこと、期間1980年から2004年(昭和55年から平成16年)に1日以上の英国滞在歴のある方の献血を制限しています。
国の審議会において審議された結果、 使用者について問診によって献血を制限することが平成18年10月10日より開始されとのことです。
ホームページhttp://www.mhlw.go.jp/houdou/2006/08/h0824-3.htmlによると、プラセンタ注射剤によるvCJD感染事例は報告されていませんが、輸血や臓器移植と臓器から製造されているこため、vCJDの伝播の理論的なリスクが否定できないため、念のための措置として、プラセンタ使用者について問診により献血を制限することとする。
サプリメントはヒト由来で言及されていません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタ注射について  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタの点滴  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4877

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「プラセンタ de 肌 若返り」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。