Top >  プラセンタ注射注入 >  プラセンタ注射の働き

スポンサードリンク

プラセンタ注射の働き

プラセンタ(胎盤)には凝固を防ぐ働きと、全く逆の出血を防ぐ働きがあります。作用を絶妙なバランスで調節しつつ共存させることができるのがプラセンタ(胎盤)の特徴ともいえます。
プラセンタ(胎盤)には臨機応変に相反する働きも果たすことができるように微妙な調節機能を働かせてバランスをとっています。
プラセンタ(胎盤)に、各部をできるだけ正常に保とうとする調節機能のような働きが備わっているのか、さまざまな心身の不具合や病気を改善できる力があるのか、それは胎児と母体を守るために自然と備わった機能のおかげといえます。体質改善、機能改善、更年期障害の改善、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の改善、肌質の改善、などに効果があります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタの注射注入について  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタ注入について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4881

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「プラセンタ de 肌 若返り」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。