Top >  プラセンタの効果と副作用 >  プラセンタが効く症状

スポンサードリンク

プラセンタが効く症状

ストレスが多く、いつも体がだるい、または重く感じる場合、いくら充分な睡眠を取っても翌朝疲れが残っている場合、慢性的な肩凝り、精神的に苛立つことが多い、仕事や人間関係などの悩みから開放されず落ち込みが激しい場合、二日酔い、治りが遅くなった、臣民障害、ぐっすり眠れない、爪が脆くなった、体や顔のむくみ、風邪を抵抗力が衰えた、風邪の治りが遅い、精神の落ち込みと高揚が激しくなった、神経痛、リウマチ、ぎっくり腰、身体全体の倦怠感など老化に伴う症状かと思ってしまうこともあるような、些細な、けれど本人にはつらい症状にプラセンタが効果があることがあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタの効果、働き  |  トップページ  |  次の記事 植物性プラセンタの効能  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4891

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「プラセンタ de 肌 若返り」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。