Top >  プラセンタの効果と副作用 >  プラセンタの臨床結果

スポンサードリンク

プラセンタの臨床結果

プラセンタを使用していて思わぬ副産物は回復が事だそうです。若返りは湿疹、乾癖、脇臭、シミ、ソバカス、シワ、タルミ、ニキビなどの改善が見られた。
胃潰瘍、胃弱、十二指腸潰瘍、潰瘍性大腸炎、糖尿病、高血圧、低血圧、気管支喘息、慢性気管支炎、貧血、慢性疲労、習慣性便秘などの改善や、更年期障害、血経痛、月経不順、乳汁分泌不全、高プロラクチン血症、前立腺肥大、勝胱炎、痔、慢性関節リウマチ、変形性関節症、関節炎、神経痛、腰痛、五十肩、症状にも効果が認められています。
角膜炎、アレルギー性結膜炎、視力低下、白内障、アレルギー性鼻炎、メニエール病、花粉症、歯槽膿漏、歯周病、うつ病、神経衰弱、自律神経失調症、不眠症、疲労、冷え性、虚弱体質、病中・病後の体力回復、強壮、強精、風邪予防、臨床結果が報告されて働きが認められています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 植物性プラセンタの効能  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタの美容効果  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4893

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「プラセンタ de 肌 若返り」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。