Top >  プラセンタの効果と副作用 >  プラセンタの自律神経調整作用

スポンサードリンク

プラセンタの自律神経調整作用

プラセンタ(胎盤)はアミノ酸や核酸などの有効成分が豊富に含まれています。細胞分裂を活発にする作用で、体中の一つ一つの細胞の若返り、抵抗力の向上が期待できます。自律神経調整作用もあり、ストレスや過労、病気などで自律神経を調整する作用、肉体的精神的な身体本来の調子を維持する作用があります。
自律神経が乱れることによって現れる症状には、これといった病気ではないのに、身体の調子がよくない、精神的に落ち着かない、不眠症ぎみでなかなか眠れないなどといったものがあります。
抜群のバランスをとる作用がといわれる理由です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 プラセンタの美容効果  |  トップページ  |  次の記事 プラセンタの発毛作用  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/4895

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「プラセンタ de 肌 若返り」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。